Storage Solution

DS718+

synology

ニーズの高まりにも対応する柔軟性のあるスケーラビリティ DS718+

クアッドコア プロセッサおよび AES-NI ハードウェア暗号化エンジンにより、DS718+ は優れたファイル転送速度を実現します。Synology 拡張ユニット DX517 による 7 ドライブまでの拡張性と、リアルタイム 4K/1080p ビデオトランスコーディングにより、DS718+ は集中化データバックアップと超高精細メディアコンテンツの保存に理想的です。

コンテンツダウンロード | 背面の説明 | スペック表 

DS718+

 

CPU

クアッドコア

最大 2.3GHz までバースト

RAM オプション

DDR3L 2GB、最大 6GB

暗号化性能

読み取り速度 226 MB/秒以上、書き込み速度 184 MB/秒以上

トランスコーディング

2 チャネル 4K H.264/H.265 ビデオトランスコーディング

Btrfs:次世代ストレージの効率性

Btrfs ファイル システムには、現代的な大企業の管理ニーズを満たすために、最先端のストレージ テクノロジーが導入されています。
・柔軟な共有フォルダ/ユーザ割り当てシステムは、すべてのユーザ アカウントと共有フォルダへの総合的な割り当て管理を実現します
・Snapshot Replication は、1,024 の共有フォルダ バックアップと 65,000 のシステム全体のスナップショットにより、スケジュール可能で、ストレージ容量を節約したデータ保護を実現します
・ファイルまたはフォルダ レベルのデータ復元は、データの回復を素早く柔軟に実行できるようにします
・ファイルの自動修復は、ユーザの介入なく、破損したファイルを検出し、回復します
Btrfs を使用する利点について詳しく読む

究極のファイル管理と共有

File Station は、Mac や PC で複雑な設定を必要とせず簡単なドラッグアンドドロップ操作ができるウェブベースの高速でセキュアな管理ツールです。高度な検索とフィルタリングツールにより、整理が簡単でリンクだけでファイル共有が可能です。どんな環境にも対応した SMB、FTP、AFP、NFS、WebDAV をサポートします。

自分のデバイスでファイル同期

Cloud Station Suite は、コンピューター、モバイルデバイス、およびその他の Synology NAS などあらゆるデバイスでファイルが変更された時にリアルタイムでデータ同期が行います。「インテリバージョニング」はストレージ領域の利用効率を高めるため、もっとも重要なファイルバージョンを保持します。
詳細情報

あなたのプライベート クラウドでリアルタイムに共同作業できます

Office は、プライベート クラウドによりデータ プライバシーとセキュリティが保証され、パブリック クラウド サービスの利便性と使い易さを組み合わせた共同作業用パッケージです。これにより、保護された環境での文書とスプレッドシート上でシームレスな共同作業が可能になります。

4K マルチメディアサーバー

4K メディアコンテンツをいつでもどこでもアクセスし、ストリーミングします。DS718+ は Video Station および DS ビデオ経由での 4K H.264/H.265 オンライントランスコーディングをサポートし、4K ビデオを変換し、元々 Ultra HD をサポートしていない他のコンピューターやスマートフォン、メディアプレーヤーなどの上でそのまま再生できるようにします。
詳細情報

オンサイト保守

全国対応で導入時のインストレーションが可能です。詳細はこちらをご覧ください。

Synology DSM を搭載

DiskStation Manager (DSM) の概要
メーカー資料

データシート /
Hardware Installation Guide
Hardware Installation Guide /
DSM User’s Guide
DSM User’s Guide

 

  • 1.ドライブ状態インジケータ
  • 2.ドライブ トレイ ロック
  • 3.状態インジケータ
  • 4.LAN インジケータ
  • 5.[USB Copy] ボタン
  • 6.USB 3.0 ポート
  • 7.[Power] ボタンおよび電源インジケータ
  • 8.ファン
  • 9.1GbE RJ-45 ポート
  • 10.電源ポート
  • 11.[RESET] ボタン
  • 12.USB 3.0 ポート
  • 13.Kensington セキュリティ スロット
  • 14.eSATA ポート
ハードウェア仕様
CPU
CPUモデル Intel Celeron J3455
CPUアーキテクチャ 64-bit
CPU 周波数 クアッドコア 1.5 burst up to 2.3 GHz
ハードウェア暗号化エンジ (AES-NI)  Yes
ハードウェア コード変換エンジン H.264 (AVC)、H.265 (HEVC)、MPEG-2 および VC-1;最大解像度:4K (4096 x 2160);1 秒当たりの最大フレームレート (FPS):30
メモリ
システム メモリ 2 GB DDR3L
プリインストールされたメモリ モジュール 2GB (1 x 2GB)
メモリスロット数 2
メモリの拡張上限 6 GB (2 GB + 4 GB)
ストレージ
ドライブ ベイ 2
拡張ユニット使用時の最大ベイ数 7
互換性のあるドライブ タイプ* (サポートされるすべてのドライブはこちら)
  • 3.5″ SATA HDD
  • 2.5″ SATA HDD
  • 2.5″ SATA SSD
最大内部生容量 24 TB (12 TB drive x 2) (容量は RAID タイプにより異なります)
拡張ユニットによる最大 Raw 容量 84 TB (12 TB drive x 7) (容量は RAID タイプにより異なります)
最大シングル ボリュームのサイズ 108 TB
ホットスワップ可能なドライブ  Yes
メモ
  • 「互換性のあるドライブ タイプ」は、Synology 製品と互換性があることを試験済のドライブです。この用語は、各ドライブベイの最大接続速度を示すものではありません。
  • 最大の単独ボリュームサイズは、最大物理容量と直接関係はありません。 (詳細を見る)
  • 内部ボリュームの拡張は、単独ボリュームサイズの総計が最大の制限値 108TB を上回らない場合のみ、サポートされます。
外部ポート
RJ-45 1GbE LAN ポート 2(Link Aggregation / フェイルオーバー対応)
USB 3.0 ポート 3
eSATA ポート 1
USBCopy  Yes
ファイル システム
内部ドライブ
  • Btrfs
  • EXT4
外部ドライブ
  • Btrfs
  • EXT4
  • EXT3
  • FAT
  • NTFS
  • HFS+
  • exFAT*
メモ exFAT Access は、パッケージセンターで別途購入することができます。
外観
外寸(高さx幅x深さ) 157 mm x 103.5 mm x 232 mm
重量 1.74 kg
その他
システムファン 92 mm x 92 mm x 1 pcs
ファン速度モード
  • 最高速度モード
  • 冷却モード
  • 低ノイズモード
輝度調整のためのフロント LED インジケータ  Yes
電源復旧  Yes
ノイズレベル* 18.4 dB(A)
電源をオン/オフに予約する  Yes
Wake on LAN/WAN  Yes
電源ユニット / アダプタ 65W
AC 入力電源電圧 100V から 240V AC へ
電源周波数 50/60 Hz, 単相
消費電力* 20.1 W (アクセス)
9.1 W (HDD ハイバネーション)
英熱量 68.58 BTU/hr(アクセス)
31.05 BTU/hr(HDD ハイバネーション)
環境温度
動作温度 5°C から 40°C(40°F から104°F)
保管温度 -20°C から 60°C(-5°F から140°F)
相対湿度 5% から 95% RH
認証機関
  • FCC Class B
  • CE Class B
  • BSMI Class B
保証 3 年
メモ 電力消費量は、Western Digital 1TB WD10EFRX ハードドライブにデータをフル ロードした状態で測定されています。
DSM 仕様
( もっと見る )
ストレージ管理
最大内部ボリューム数 512
iSCSI Target の最大数 32
iSCSI LUN の最大数 256
iSCSI LUN クローン/スナップショット、Windows オフロード データ転送 (ODX)  Yes
SSD 読み取り/書き込みキャッシュ (White Paper)  Yes
SSD TRIM  Yes
対応する RAID タイプ
  • Synology Hybrid RAID
  • Basic
  • JBOD
  • RAID 0
  • RAID 1
  • RAID 5(拡張ユニット使用)
  • RAID 6(拡張ユニット使用)
  • RAID 10(拡張ユニット使用)
RAID マイグレーション
  • Basic to RAID 1
  • Basic から RAID 5(拡張ユニット使用)
  • RAID 1 から RAID 5(拡張ユニット使用)
  • RAID 5 から RAID 6(拡張ユニット使用)
大きいハードディスクでボリュームを拡張する
  • Synology Hybrid RAID
  • RAID 1
  • RAID 5(拡張ユニット使用)
  • RAID 6(拡張ユニット使用)
ハードディスクを追加してボリュームを拡張する
  • Synology Hybrid RAID
  • RAID 5(拡張ユニット使用)
  • RAID 6(拡張ユニット使用)
  • JBOD(拡張ユニット使用)
Global Hot Spare 対応 RAID タイプ
  • Synology Hybrid RAID
  • RAID 1(拡張ユニット使用)
  • RAID 5(拡張ユニット使用)
  • RAID 6(拡張ユニット使用)
  • RAID 10(拡張ユニット使用)
ファイル共有機能
最大ローカルユーザーアカウント数 2048
最大ローカルグループ数 256
最大共有フォルダ数 512
共有フォルダの同期の最大タスク数 8
CIFS、FTP、AFP の最大同時接続数 500
Windows アクセス コントロール リスト(ACL)統合  Yes
NFS Kerberos 認証  Yes
High Availability マネージャ  Yes
ログ センター  Yes
Syslog イベント/秒 800
仮想化
VMware vSphere 6 with VAAI  Yes
Windows Server 2012  Yes
Windows Server 2012 R2  Yes
Citrix Ready  Yes
OpenStack  Yes
アドオン パッケージ(アドオン パッケージのフルリストを見る)
Antivirus by McAfee (Trial)  Yes
Central Management System  Yes
Chat  Yes
最大ユーザ数 1500
メモ
  • Chat の同時 HTTP 接続数は、最大値に設定されました。
  • CPU と RAM の使用率は、推奨されるクライアントで数をテストした場合、双方とも 80% を下回りました。
  • For tested models with expandable memory, the maximum amount of RAM was installed.
Cloud Station Server  Yes
最大同時接続デバイス数 500
最大同時接続デバイス数 (RAM 拡張時) 1500
同期済ファイル (btrfs) の最大数 1,000,000 / 単一ファイル反応時間 862 ms
同期済ファイル (ext4) の最大数 1,000,000 / 単一ファイル反応時間 351 ms
メモ
  • 同時接続されたデバイスの最大数は、同時に接続したままでいられるデバイスの最大数のことです。ファイル処理機能についての詳細は、ファイル処理の反応時間を参照してください。
  • ファイル反応時間は、1K バイトのファイルをそれが NAS に追加された後に Synology NAS から他のデバイスがダウンロードを開始するために必要な準備時間のことです。RAM 拡張はテスト中には使われません。
  • Non-encrypted shared folders were used during the aforementioned testing.
Document Viewer  Yes
Download Station  Yes
同時ダウンロードタスクの最大数 80
exFAT Access(オプション)  Yes
MailPlus / MailPlus Server  Yes
無償の電子メールアカウント 5 (それ以上のアカウントについてはライセンスが必要です)
推奨する MailPlus クライアント数 90 (Btrfs) / 90 (ext4) 以下
サーバーの最高性能 Eメール 831,000 (Btrfs) / 966,000 (ext4) 件/日, 約 25.4 GB (Btrfs) / 29.5 GB (ext4)
メモ
  • 推奨するクライアント数のテストでは、CPU ユーザーと RAM ユーザーは共に 80% 以下です。
  • For tested models with expandable memory, the maximum amount of RAM was installed.
  • 2 SSD ユニットが装着されている 5 ベイ(またはそれ以上)NAS モデルには、読み書き SSD キャッシュが埋め込まれています。
  • 2 台のサーバーでデータの同期を行うため、high-availability モードではメール システムの性能が若干劣ります。
  • 上記の全テストで有効にした機能:スパム対策、ウイルス対策、DNSBL、グレイリスト、コンテンツ スキャン、全文一致検索(英語のみ)。
Media Server  Yes
DLNA Compliance  Yes
Office  Yes
最大ユーザ数 200
同時編集ユーザーの上限 80
メモ
  • CPU と RAM の使用率は、推奨されるクライアントで数をテストした場合、双方とも 80% を下回りました。
  • For tested models with expandable memory, the maximum amount of RAM was installed.
  • クライアントの性能は、最大同時編集ユーザ数に影響を与える可能性があります。テスト用クライアント PC:Intel Core i3-3220 / 8GB RAM
Snapshot Replication  Yes
共有フォルダ毎の最大スナップショットの数 1024
全共有フォルダの最大スナップショットの数 65536
Surveillance Station  Yes
最大 IP カメラ数(ライセンス必須) 40(2 無償ライセンスを含む) (サポートされるすべての IP カメラはこちら)
フレーム/秒 (H.264)* 1200 FPS @ 720p (1280×720)
800 FPS @ 1080p (1920×1080)
350 FPS @ 3M (2048×1536)
280 FPS @ 5M (2591×1944)
170 FPS @ 4K (3840×2160)
フレーム/秒 (H.265)* 1200 FPS @ 720p (1280×720)
1200 FPS @ 1080p (1920×1080)
600 FPS @ 3M (2048×1536)
480 FPS @ 5M (2591×1944)
200 FPS @ 4K (3840×2160)
フレーム/秒 (MJPEG)* 450 FPS @ 720p (1280×720)
250 FPS @ 1080p (1920×1080)
200 FPS @ 3M (2048×1536)
100 FPS @ 5M (2591×1944)
メモ Surveillance Stationのスループット(処理能力)は、Surveillance Stationからのライブビューを使った継続的な録画と、カメラによる動作検出を使用して、Axisネットワークカメラを使ってテストされます。同時にLocal Displayで配信されます。ライブビューイングのビデオおよび録画は、カメラからの同じビデオストリームをシェアします。
Video Station  Yes
ビデオ コード変換 4K グループ 1 (詳細はこちらをお読みください)
コード変換チャンネルの最大数 2チャンネル: 30 FPS @ 4K (4096 x 2160), H.264 (AVC)/H.265 (HEVC) または
2チャンネル: 30 FPS @ 1080p (1920 x 1080), H.264 (AVC)/H.265 (HEVC)/MPEG-2/VC-1
Virtual Machine Manager  Yes
Virtual DSM の最大数 (ライセンスが必要です) 2 (1 個の無償ライセンスを含む) (詳しく読む)
VPN Server  Yes
最大接続数 20
環境とパッケージング
環境 RoHS 準拠
パッケージ内容
  • 本体 1 台
  • アクセサリ パック 1 個
  • AC 電源アダプター 1 個
  • AC 電源コード 1 本
  • RJ-45 LAN ケーブル 2 本
  • クイック インストール ガイド 1 冊
オプションのアクセサリ
  • Surveillance Device License Pack
  • D3NS1866L-4G RAM モジュール
  • 拡張ユニット : DX517 X 1
  • VS360HD
  • VS960HD
PAGETOP
Copyright © PREMIX Corporation All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.